債務整理の条件について【債務整理のキホンを徹底調査しました】

債務整理の条件について【債務整理のキホンを徹底調査しました】

債務整理の条件について【債務整理のキホンを徹底調査しました】

一人ではとても返済することができない巨額の借金を抱えてしまった場合、もう人生は終わったと途方に暮れてしまうことでしょう。
コツコツと返済していてもいつまで経っても元金が減らず、完済の目途が立たないというケースも珍しくはありません。
ひとりで借金の返済と向き合っていれば当然ですが精神も衰弱してきますし、路頭に迷ってしまうものです。
しかし、このように借金で苦しんでいる消費者を守ってくれる債務整理という法的な制度があります。
債務整理の手続きを行うことによって借金問題を解決することができるのです。
債務整理には任意整理や特定調停、個人再生や自己破産がありますが、それぞれ収入や借金の状況などによって手続きを行える債務整理は異なってくるのです。
裁判所を通さずに債権者と直接交渉の下、借金を減額できる任意整理や、裁判所を通して手続きを行う特定調停の場合は特に条件はありません。
マイホームや車を手放すことなく借金を大幅に減額して3年間で返済していく個人再生は安定した収入があることや、住宅ローンを除く借金総額が5000万以下であることが条件になってきます。
借金を帳消しにできる自己破産の場合は、過去7年間に自己破産をしていないことや、借金の理由がギャンブルなどの浪費でないことが利用条件として挙げられます。
債務整理にはそれぞれメリットやデメリットもあるので、まずは弁護士や司法書士に相談して詳しい説明を受けることをおすすめします。