債務整理したらクレジットカードは使えなくなるの?~噂の真相~

債務整理したらクレジットカードは使えなくなるの?~噂の真相~

債務整理したらクレジットカードは使えなくなるの?~噂の真相~

債務整理とは、債務者の借金のこれまでの返済額と今後の返済予定額を見直して、残りの返済額を減額する手続きをとることです。しかし、必ずしも全ての借金が少なくなるというわけではありません。これまで支払っていた利息が法定利息よりも上回っていれば、法律の上限額を超えた部分を元本に充当することができるので、残りの返済額が大幅に減額となることも多いのですが、法律上認められた金利しか支払っていないのであれば、借金の元本はほとんど減らないということになります。このように、債務整理をしたからといって、今後の返済が楽になるとは限らないので、よく考えたうえで手続きを行うようにしましょう。無駄な手続きを避けるためには、一度これまで自分が支払った利息相当額と元本相当額がいくらになるのか、改めて計算してみることをおすすめします。債務整理をするに際しては、弁護士や司法書士などの専門家に依頼料を支払う必要もあるので、こうしたコストに見合うかどうかを慎重に見定めるようにしましょう。また、債務整理を申し立てると、その後はクレジットカードが使えなくなる可能性もあるため注意が必要です。債権者が信用情報機関に債務者の情報を伝えると、新たなクレジットカードの発行が認められないばかりか、今現在保有しているクレジットカードも使用できなくなる場合があります。現代のようなカード社会では、クレジットカードが使えないと日常生活にも支障を来たすので、このようなデメリットがあっても、なお債務整理を行う価値があるかよく検討しましょう。