債務整理の費用を安く抑えたい!~賢く債務整理するコツを伝授~

債務整理の費用を安く抑えたい!~賢く債務整理するコツを伝授~

債務整理の費用を安く抑えたい!~賢く債務整理するコツを伝授~

借金で行き詰った生活を整理して、生活をもう一度やり直すことが法律では認められています。
債務整理と言われているものです。
いろんな手法がありますが、いずれも、法律の知識が潤沢でない一般人が自分でやるのは、非常に困難です。
債務整理の専門家に依頼しているケースがほとんどですが、費用がどれぐらいかかるかが気になるところです。
借金で悩んでいるからこそ債務整理を考えているのですから、お金を持っていないのが現実で、弁護士費用が必要とあっては、躊躇してしまいがちです。
弁護士費用は事務所や案件の難易度によってかなり開きがありますが、大雑把に平均すると、20万~30万円ぐらいです。
もちろん、あくまでも平均ですから、中には、もっと安いところや逆に、高額になることもあります。
ただ、いつまでも迷っていたのでは、生活再建が遅れるばかりです。
弁護士への報酬を支払う余裕のない人は、民事法律扶助制度が利用できます。
この制度は、通称法テラス、すなわち日本司法支援センターが行っている公的な制度です。
これを利用すれば、弁護士費用を一時的に立て替えてもらうことができるのです。
民事法律扶助制度を使えば、手元に現金がなくても、債務整理手続きが可能です。
さらに、同制度では、弁護士への報酬額は既定の金額が決められており、普通に弁護士に依頼するよりは格段に安く設定されています。
たとえば、弁護士へ依頼の場合は129,600~216,000 円の報酬と規定されており、平均的な金額よりも低い数値となっています。
民事法律扶助を利用すれば、費用面でも大きなメリットがあります。